中学受験の情報が満載!

中学受験を受けるための準備を始める時期について

中学受験を受けるための準備を始める時期について 中学受験をする小学生は、何年生の時期から始めればいいのか迷うことがあります。
もちろん早ければ早いほど準備期間が長くなるので、余裕を持って勉強をすることができますし学力向上を見込むことができます。
ただ6年生になってからも、本人の頑張り次第では遅いということはありません。
しかし中学受験というのは、小学校で受ける授業で身に付けることができる学力だけでは合格することが難しいのが現状です。
受験のための問題集を繰り返し学んだり、学習塾に通って合格するための知識を身に付けることが必要になるので、6年生になってからではかなりの追い上げが必要になります。
小学生の子供は伸びしろは、大人が想像する以上に広いものがあるので、驚くほど学力アップをする可能性もありますから諦める必要はありません。
基本的に学校選びなどを慎重に行うことも重要なので、中学受験を希望するのであれば小学4年生くらいから準備をすれば急がずに余裕を持って準備ができるでしょう。

中学受験で志望校を決める時期はいつ頃なのか

中学受験で志望校を決める時期はいつ頃なのか 中学受験をする場合、多くのケースで4年生頃から塾に通い始めるという傾向が見られます。
もっと早くから検討している場合には、小学校入学とともに入塾する事も有りますが、例えば公文などをしていてそこから本格的にという事になりますと、中学受験専門の塾に4年生頃からチェンジされる方が多いです。
さらに志望校を決断する時期は、親の考えが反映されることが多いため高校受験と比べると比較的早いという事も見られます。
大体お子さんの学力に合った所にするのか、まずは行きたい所に向けて目指すかという事でも決定する早さは変わってきますが、大体平均しますと6年生に入った頃に決める事が多いです。
その後は模擬試験を受けたり、塾での面談などを重ねていき2学期頃決める事になります。
最終的には3学期でも間に合いますが、学校別の問題を解いていく必要がありますし、志望校決定する事で対策が出来ますのであまり遅くならないというのが理想ではあります。

新着情報

◎2019/9/17

モチベーションを維持する
の情報を更新しました。

◎2019/7/11

やる気が出ない時
の情報を更新しました。

◎2019/3/29

中学受験の併願校設定
の情報を更新しました。

◎2019/2/28

サイト公開しました

「中学受験 準備」
に関連するツイート
Twitter